ストレス社会とEDの関連性

ストレス社会とEDの関連性

ED(勃起不全)は男性にとって、とても深刻な問題です。しかし近年このED症状に悩む男性が増えてきています。EDの要因の約77%はストレスが原因といわれています。当サイトではEDとストレスとの関係を中心に詳しくご説明していきます。

ストレスによる突然のED症状

EDには大きく分けて器質性と呼ばれるタイプと心因性と呼ばれるタイプに分類されます。
器質性に関しては高血圧などの体調不良が原因となって勃起が阻害されるというものですが、それに対して心因性と言うのは読んで字のごとく、精神的な負荷などが原因になって勃起が阻害されるというタイプです。
どちらもEDを引き起こすものであり無視できないものであるということは疑いようも無い事実ですが、しかし前触れなく突然訪れるということで言えば心因性の方が恐ろしい部分があります。
もともとEDというのは突然襲ってくるものなのですが、器質性の場合はある程度予測が立てられます。
例えば直近の健康診断で高血圧気味だと指摘されていたのであれば、高血圧が原因となってEDが引き起こされているのだと考えることができるでしょう。
しかし心因性の場合は本当に突然、何の前触れも無くある日気付くとEDになっていたというケースが多いのです。
症例として特に多いのが「仕事のストレス」によるものです。
実はED患者の中でも特に多く見られるのが30~40代という年齢で、ここは仕事が忙しくなり、またキャリアを積んである程度立場が上になって来ている時期でもあります。
それによってやるべきことが増え、精神的な休息が少なくなったことでストレスが限界を迎え、最終的にEDになってしまうという例が非常に多く報告されるのです。
実際のところ男性ホルモンの量を調べてみたところ、日々ストレスを強く感じているという人の体の中の男性ホルモンは60代のそれを下回っていることもあるというデータが出ています。
男性ホルモンが少なくなれば勃起が維持できなくなるのも当然ですから、男性ホルモンを減少させるストレスはなるべく軽減することを心掛け、もし限界だと感じたのであれば早めに心療内科を受診するようにしてください。

ED治療に全国の病院情報が載っているサイトがお薦めです
シアリスが通販で買える
あんしん通販薬局 口コミ
レビトラジェネリック